読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡の育児子育てブログ

育児や子育てについて調べたことや、シェアしたい情報をまとめていきます。パパ・ママのお役に立てる情報、福岡の関連情報もまとめます

出産費用を直接払い制度を使わずクレジットカードで払う方法のメリットとデメリット

妊活・妊娠

出産費用って42万円の補助金出産育児一時金)と同じかその前後がかかります。
結構かかるなぁと思っていたら、クレジットカードて払うことについて考えてみました。

money-lifehack.com

上記は医療費(入院費)のケースで高額療養費制度とのセットでしたが、出産費用+出産育児一時金でも同じことが言えるんじゃないの?ということで確認してみました。

 結論から言うとできる。

まず、結論から書くとできそうです。

ただし、前提としてクレジットカード払いができる病院で出産することが前提です。産院には小さな病院も多くて、カード払いにそもそも対応していないところが多いです。そうしたところだと厳しいですね。総合病院系の大きな病院は対応しているところが多いようです。

 

1%還元率のクレジットカードなら4200円がタダでもらえる

仮にポイント付与率(還元率)が1%のクレジットカードで42万分の出産・分娩費用をカード払いしたら4200円のポイントがもらえます。

参考:ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード

 

楽天カードリクルートカードがよさそうですが、出産予定日は大体決まっているはずなので、もしも予定日の月が夫婦どちらかの誕生日ならライフカードという選択もあります。ライフカードなら誕生日月のポイント付与がなんと2.5%。42万円なら21,000円分ものポイントがもらえます。

ライフカードの誕生日月特典は「ライフカードのサービスを調査」も参考にしてみてください。

 

福岡市内の産院でカード払いができるところ

ザッとホームページとかで確認したところ、対応しているみたいです。

・浜の町病院
済生会病院
赤十字病院
・東野産婦人科医院
・福岡山王病院
・高取レディスクリニック
・桃崎レディースクリニック

 

 

直接払い制度を勧められるけど使わない

出産育児一時金は直接払い制度といって分娩・出産費用に直接充当してもらえる制度があります。これを使えば、出産諸費用-42万円=病院での手出し額となるので、支払いが少なくて済みます(出産諸費用の方が少ない場合は差額が返金)。

多くの方はこちらが便利なので直接払い制度を使うことでしょう。
ただ、クレジットカード払いをするならこの方法は使わない方がいいです。

 

 

クレジットカードの限度額(枠)にもご注意

保有しているクレジットカードの限度額にもご注意ください。
42万円という支払いが可能であれば問題ないですが、限度額を超える場合は一時増額などの手続きを前もってしておく必要があります。

note.credit-119.com

 

次に、出産する機会があれば活用しようと思います。